バルミューダ電気ケトルアイキャッチ

家電

【バルミューダ 電気ケトル レビュー】注ぎ口のクオリティが完璧。コーヒー淹れるなら迷わずこれ【BALMUDA】

こんにちは宗太(@sota_chokin)です。

本日紹介するのはバルミューダ 電気ケトルです。

バルミューダ 電気ケトル 外観

みなさんはコーヒー好きですか?

宗太
もちろん大好きです。

僕は平日の朝はLOHACOのドリップコーヒーを飲んでいます。

宗太
安いのにかなり美味しくておすすめです。

そして休日には豆を自分で挽いて、ケメックスを使ってコーヒーを淹れています。

ケメックスコーヒーメーカーアイキャッチ
【ケメックス コーヒーメーカー レビュー】ガラス × リアルウッドのおしゃれなデザインはインテリアにも最適。専用フィルターの使い方や洗い方も紹介【CHEMEX】

こんにちは宗太(@sota_chokin)です。 本日紹介するのはケメックス コーヒーメーカーです。 ところでみなさんコーヒーは好きですか? 宗太もちろん大好きです。 僕は普段は安いLOHACOのドリ ...

続きを見る

どちらの場合も使っている電気ケトルはバルミューダ 電気ケトルです。

バルミューダ 電気ケトル 外観2

宗太
クールなBALMUDAデザイン!

このバルミューダ 電気ケトルコーヒーを淹れるために作られたと言っても過言ではないくらい、コーヒーを淹れるのに最適なんです。

どこがそんなに良いのか、細かく紹介していきます。

この記事では【バルミューダ 電気ケトル レビュー】注ぎ口のクオリティが完璧。コーヒー淹れるなら迷わずこれ【BALMUDA】について書いていきます。

 

バルミューダ 電気ケトル外観レビュー

僕が購入したバルミューダ 電気ケトルのカラーはブラックです。

カラーは他にもホワイト鏡面仕上げのクロームスターバックス リザーブ限定モデルもあります。



バルミューダ 電気ケトルは一見すると電気ケトルとは思えない、洗練されたデザインです。

バルミューダ 電気ケトル 外観3

すっきりした持ち手とすらっと伸びた注ぎ口はおしゃれなケトルそのもので、家電製品には見えません。

バルミューダ 電気ケトル 注ぎ口

注ぎ口と本体、そして蓋は金属部品の塗装仕上げです。

バルミューダ 電気ケトル 塗装

一方取っ手と本体底面はマットな仕上げのプラスチックになっています。

バルミューダ 電気ケトル 取手

取っ手の先端には透明樹脂パーツが設けられており、加熱時には中央部が淡く発光します。

バルミューダ 電気ケトル 取手の光かた

このようにバルミューダの製品は使っているときの細かな配慮や遊び心があるのでとても好きです。

蓋はゴムパッキンで固定されており、少し力を入れると外すことができます。

蓋は丸洗いが可能です。

バルミューダ 電気ケトル 蓋のゴムパッキン

中には最大容量の目印が刻印されていますが、見えづらいので容量オーバーしてしまうこともありますね…

バルミューダ 電気ケトル 内側のメモリ

宗太
ちなみに最大容量は0.6Lです。

正直0.8Lくらいなら全然問題なく使用できます。

またバルミューダ 電気ケトルは案外安く、およそ税込12,000円です。

余計な機能を省き、容量も抑えて手に入りやすい価格を実現しているのでしょうか。

電気ケトルだということを忘れてしまう、かなり完成度の高いデザインだと思います。

 

バルミューダ 電気ケトルは注ぎ口のクオリティが完璧

バルミューダ 電気ケトルの大きな魅力の一つはこの注ぎ口のクオリティです。

バルミューダ 電気ケトル 注ぎ口

むすこ
何がそんなにいいの?

この注ぎ口がかなり精巧に作られており、注ぐお湯の量を相当細かく調整することができます。

普通に傾けるとこのように勢いよくお湯が出ます。

バルミューダ 電気ケトル お湯の注ぎ方

傾きを調整すると、ほんの少量ずつお湯を注ぐこともできます。

バルミューダ 電気ケトル お湯の注ぎ方2

コーヒーを入れるときは少量ずつ、「の」の字を描くように注ぐのがコツです。

宗太
カネキくんと一緒に店長に教わりました
むすこ
???

一般的な電気ケトルだと一度にドバっとお湯が出てしまって、なかなか繊細な注ぎ方はできないんですよね。

かといってコーヒーを淹れるときだけ普通のケトルを使うのも少々面倒くさい…

このバルミューダ 電気ケトル電気ケトルと普通のケトルのまさにいいとこ取りをしています。

電気ケトルの手軽さで通常のケトルのような繊細な注ぎ方ができますよ。

 

バルミューダ 電気ケトルは見えるところに置いておきたいデザイン

一般的な電気ケトルって白くてテカっとしていて、あまり見せたくないデザインですよね。

でも便利だから頻繁に使うし、しまっておくことは難しい。

一方バルミューダ 電気ケトルは見えるところに置いておきたくなる美しいデザインです。

バルミューダ 電気ケトル インテリア

ブラックでマットな仕上げはとても品が良く、インテリアとしてもアクセントになってくれます。

クレードルと電源コードもブラックで統一されています。

バルミューダ 電気ケトル クレードルと電源コード

これなら目立つところに置いておいて、いつでも使うことができます。

食卓テーブルに出しても様になりますね。

 

バルミューダ 電気ケトルに向いてる使い方、向かない使い方

バルミューダ 電気ケトル向いているのは繊細な作業です。

コーヒーを淹れたり、小さいコップに直接お湯を注ぐときなんかも小さな注ぎ口が活躍します。

バルミューダ 電気ケトル お湯の注ぎ方

一方、向かないなと思うのはお湯が大量に必要な場面です。

例えば家族四人分のカップラーメンのお湯を入れるにはちょっと容量不足です。

といっても通常の使い方であれば全く問題はありません。

なんなら狙ったところへ綺麗にお湯が注げるのでほとんどの場面で使いやすいですよ。

 

バルミューダ 電気ケトル レビューまとめ

この記事は【バルミューダ 電気ケトル レビュー】注ぎ口のクオリティが完璧。コーヒー淹れるなら迷わずこれ【BALMUDA】について書きました。

コーヒー好きにとっては、これ一択!と言い切れる電気ケトルです。

またインテリアにこだわっている方にもおすすめですね。

デザインにこだわる方、ブラックだけでなく鏡面仕上げのクロームverもおすすめですよ。

宗太
光沢の本物感…憧れます!

  • この記事を書いた人

宗太

1987年生まれ。 地方在住デザイナー。 妻と息子の3人家族。 大学時代に教授から「いいモノを使いなさい」と言われてから物欲に取り憑かれる。 とにかく”モノ”が大好き。 物欲と少ないお小遣いの間で日々葛藤中。 悩み抜いて購入した商品を紹介していきます。

-家電
-, , , , , ,

Copyright© チョキン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.