ルイスポールセンPH5アイキャッチ

インテリア

【ルイスポールセン PH5 レビュー】ダイニングのおしゃれペンダント照明の王道!食事が美しく見える不思議な北欧の明かり【Louis Poulsen】

こんにちは宗太(@sota_chokin)です。

 

この記事はルイスポールセン PH5について紹介します。

ルイスポールセン PH5

 

皆さんのお宅ではどのような照明器具を使っていますか?

 

我が家は2019年に家造りを行ったのですが、ほとんどの照明はダウンライトにしました。

 

これです。

ダウンライト

 

これだと家の中がスッキリ見えるんですよね。

 

ただ1点、ダイニングテーブル用の照明器具には拘りました。

 

使っているのはルイスポールセン PH5です。

 

宗太
ダイニング用照明といえばこれ!!!

 

今日は【ルイスポールセン PH5 レビュー】ダイニングのおしゃれペンダント照明の王道!食事が美しく見える不思議な北欧の明かり【Louis Poulsen】について写真多めで記事を書いていこうと思います。


 

ルイスポールセン PH5外観レビュー

 

それでは「ルイスポールセン PH5」の外観を写真とともに紹介していきます。

 

まずなんといってもこのシルエットが最高です。

ルイスポールセンPH5シルエット

 

公式サイトではこのように紹介されています。

1958年に発表したペンダント照明の名作。電球全体を覆い隠すグレア・フリーデザイン。

引用元:Louis Poulsen PH 5

 

この「ルイスポールセン PH5」は光源(電球)が見えないように工夫されています

ルイスポールセンPH5光源

ルイスポールセンPH5光源2

 

宗太
温かい光だけを感じることができるデザインです。

 

底面にはフロストプレートが施されて、ここも光源が見えないよう配慮されています。

ルイスポールセンPH5フロストプレート

 

光源が見えないだけで、光の感じ方が全然違ってきます。

 

宗太
本当にリラックスできますよ

 

眩しくないのに、室内がぼわっと明るく感じます。

ルイスポールセンPH5メイン

 

シェードのデザインには「対数螺旋」と呼ばれる巻き貝と同じカーブが応用されているらしく、このカーブが明るくやさしい光を作り出すんですね。

 

僕が使っているのはクラシックホワイトと呼ばれるカラーです。

 

このクラシックホワイトは1958年発売のポールへニングセンのオリジナルデザインを忠実に受け継いるカラーリングです。

 

その特徴は内側にあります。

 

内側が赤と青に塗装されているんです。

ルイスポールセンPH5青と赤

 

これは購入するときに相当悩みました。

 

宗太
赤と青ってなんだか古い感じ…

 

照明を落としているときはそう感じたんですが、照明をつけたときにこのカラーリングの素晴らしさに気づくことができました

 

赤と青の部分に反射した光が混ざり合って、夕暮れ時のようななんとも言えない光の表情を見せてくれます。

ルイスポールセンPH5夕暮れ

 

宗太
ルイス・ポールセンさんはこの光をデザインしたんだね…

 

これの光り方を見て、クラシックホワイトの購入を決めました。

 

宗太
最後はやっぱりオリジナルが好きです


 

ルイスポールセン PH5は設置長さが重要

 

ルイスポールセン PH5」の推奨設置長さは公式HPでは卓上から60cmとされています。

ルイスポールセンPH5設置長さ

 

むすこ
結構低いね

 

慣れていないと低く感じるかもしれません。

 

しかしメーカー推奨高さだけあって最適な高さだと実感しています。

 

卓上のものをきれいに照らしながら、光源を眩しく感じることはありません。

 

これ以上高くしてしまうと器具の隙間から光源が見えて、「ルイスポールセン PH5」本来の明かりが楽しめないかもしれませんね。

 

低く見えますが、使っていて邪魔になったり頭をぶつけたりすることはありませんよ。

 

むすこ
僕もいたずらしないから安心してね

 

ルイスポールセン PH5は料理が美味しそうに見える最高のダイニング用照明

 

素人写真で恐縮ですが、「ルイスポールセン PH5」で照らされた料理の写真を紹介します。

ルイスポールセンPH5料理1

ルイスポールセンPH5料理2

ルイスポールセンPH5料理3

 

どうですか?なんだか美味しそうに見えませんか??

 

ルイスポールセン PH5」に照らされた料理は不思議と美味しそうに見えます

 

眩しくないのにきらきら綺麗に輝いて見えるんです

 

宗太
毎日の食卓が少し華やかになりますよ。


 

ルイスポールセン PH5はフラットシーリングカバーを使えばもっと素敵に!

 

ルイスポールセン PH5」は素晴らしい照明ですが、その価値を最大限に高める設置方法を紹介します。

 

それはフラットシーリングカバーを使うことです。

 

通常、照明器具を取り付ける部分には下の写真のような接続器具がありますよね。

ルイスポールセンPH5通常の照明

 

このようにカバーで隠したりすると思うのですが、これではせっかくの「ルイスポールセン PH5」の美しさが台無しです。

 

さらに、ネット上ではたまにコードを束ねて外に出している写真を見ますが、これは最悪だと思います。

 

ルイスポールセン PH5」を美しく見せる唯一の方法は、天井からすっと伸びた1本のコードがPH5本体に繋がっている状態ではないでしょうか?

 

それを実現するのがフラットシーリングカバーです。

ルイスポールセンPH5フラットシーリングカバー2

 

取り付けには工事が必要ですが、天井がスッキリ見え、「ルイスポールセン PH5」の存在感が一層際立ちます。

ルイスポールセンPH5フラットシーリングカバー1

 

これは本当にやってよかったなと思ってます。

 

たまに「これだと照明器具を変えられないじゃん」と言われますが、ダイニング照明って頻繁に変えますか

 

本当に変えたくなったらまた取付工事をすればいいんです。

 

それよりも細部まで徹底的にこだわって、最良の状態で「ルイスポールセン PH5」を使用したほうが日々の生活は豊かになると思います。



 

ルイスポールセン PH5まとめ

 

この記事は【ルイスポールセン PH5 レビュー】ダイニングのおしゃれペンダント照明の王道!食事が美しく見える不思議な北欧の明かり【Louis Poulsen】について書きました。

 

ダイニング照明の王道PH5ですが、長年愛されるデザインにはやはり理由があるんだと感じます。

 

この明かりの下でゆっくりお酒を飲みながら読書したりすると、最高にリラックスできます。

 

我が家では夜はよく、「ルイスポールセン PH5」の明かりだけをつけて過ごしてます。

 

それだけで自宅が最高にリラックスできる大人な空間に変わりますよ。


  • この記事を書いた人

宗太

1987年生まれ。 地方在住デザイナー。 妻と息子の3人家族。 大学時代に教授から「いいモノを使いなさい」と言われてから物欲に取り憑かれる。 とにかく”モノ”が大好き。 物欲と少ないお小遣いの間で日々葛藤中。 悩み抜いて購入した商品を紹介していきます。

-インテリア
-, , , ,

Copyright© チョキン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.